動脈硬化・高血圧班
カテーテルグループ
不整脈グループ
動脈硬化・高血圧班

生活様式の欧米化と高齢者人口の急増により動脈硬化性心血管疾患は増加、重症化、そして複雑化の一途をたどっています。しかしその病態の解明は不十分で、よってその1次予防(発症予防)ならびに2次予防(再発予防)は大きな社会課題となっています。
高コレステロール血症などの脂質異常症と動脈硬化症の関係について研究してきた梶波を中心として、高血圧や肥満など他の動脈硬化危険因子を総合して、複合的な視点からアプローチしています。
その成果として、男性冠動脈硬化症患者における女性ホルモン測定の意義(Coronary Artery Disease 2004)、女性における骨密度と動脈硬化の定量的逆相関(日本循環器病学会総会発表)など、
性ホルモンに着目した研究は性差医療を先取りしたものとして注目されました。
また抗動脈硬化作用メカニズム解明を目指し、脂質低下療法や降圧療法といった薬物療法の効果とメカニズムを検討するとともに(Am J Cardiol 2003)、Tufts大学との共同研究として、欧米で行われた大規模臨床研究であるPROSPER studyに加わり、スタチンの脂質低下効果ならびに心血管イベント予防効果を左右する新しい遺伝子多型を見出し欧文論文として最近公表されました(Atherosclerosis 2012, 2012)。
一方、新しい研究の方向性を探索すべく、経済産業省NEDOプロジェクト共同研究として、東京大学大学院薬学研究科(杉山雄一教授)とともにマイクロドース法を用いて実臨床例においてスタチンの薬物動態が取り込みトランスポータ遺伝子多型により有意に異なることを明らかにしました(日本循環器学会総会発表)。
副作用を含む治療反応性を規定する素因の探索を研究のひとつの柱とし、薬物をはじめとする各種治療手段が有効である症例の特徴を明らかにする多施設共同研究を進めています。

(文責 梶波康二)